ツール

FX自動売買ツール「ウルフ」って何?特徴と稼げる理由を徹底解説!

FXの知識がない初心者の中には、

「自動売買ツールを使ってみようかな」

と思っている人もいるでしょう。

また、そのような人の中には、「ウルフ」というツールに興味を持っている人もいるはずです。

とはいえ、自動売買ツールと聞くと、少し怪しい気がしてしまいませんか?

そこでこの記事では、FXの自動売買ツールの「ウルフ」とは一体何なのか、本当に稼げるのかという事について詳しく解説していきます。

 

FX自動売買ツール「ウルフ」って一体何?

ウルフというのは、ドル円を対象にしたツールであり、逆張りナンピンの手法を用いて自動でトレードをしてくれます。

もちろん、ランダムにエントリーするのではなく、非公開のロジックに基づいたトレードを行ってくれますので、知識がない初心者でも利益を出しやすいと言えるのです。

 

FX自動売買ツール「ウルフ」の特徴は?

では、そんなFX自動売買ツール「ウルフ」の特徴について、詳しく見ていきましょう。

 

ナンピンを利用したツール

先ほども解説したように、「ウルフ」というツールは、ナンピンを活用して利益を出す仕組みとなっています。

初心者の中には、「ナンピン」という言葉が理解できない人もいるでしょう。

ナンピンというのは、保持しているポジションが逆方向に進んだ時、損切をするのではなく、更にポジションを増やすことで、平均購入価格を下げる手法のことです。

例えば、1ドル100円の時に買ったものの、1ドルが90円まで下がってしまった。

この場合は、平均購入価格は100円となり、損失が10円出てしまいます。

しかし、100円で買い、95円まで下がった段階で再度100円を買い増した場合、平均購入価格は大体97.5円くらいになりますよね。

つまり、この後価格が98円まで上昇すれば、その時点で利益が発生するという事なのです。

 

とはいえ、裁量トレード(ツールを使わないトレード)で初心者がナンピンをするのは難易度が高いと言われています。

安易にナンピンをしてしまうと、平均購入価格を下げるどころか、更に損失を膨らませてしまう可能性があるのです。

ウルフであれば、ロジックに基づいてナンピンを行ってくれますので、自分の感情は抜きにしてナンピンを繰り返すことができるのです。

 

実績がある

ウルフという自動売買ツールは、2年以上稼働し続けている、実績のあるツールだと言えます。

自動売買ツールの中には、はっきり言って悪質な物もあります。

ただ、「ウルフ」が悪質なツールであれば、利用者から2年以上も愛されるわけがありませんよね。

このような実績から見ても、ウルフは信頼性が高く、安心して使えるツールだと判断することができるのです。

 

初心者でも使える

ウルフというツールは、FX初心者でも使うことができます。

当然資金は自分で用意する必要がありますが、最低5万円を用意することができれば、誰でも気軽に始められるのです。

また、ロジックに基づいた自動売買を行ってくれますので、自分自身で、エントリーポイントを血眼になって見つける必要もありませんし、決済のタイミングを考える必要もないのです。

 

コミュニティがある

ウルフに興味を持っている初心者の中には、

「ウルフを使っている人って他にもいるのかな」

「自分一人で使うのは気が引けるな」

と思っている人もいるでしょう。

 

実は、ウルフには利用者だけが参加できるコミュニティがあるのです。

このコミュニティの中には、ウルフを利用しているトレーダーが数多く参加していて、情報交換などが頻繁に行われているのです。

 

FX自動売買ツール「ウルフ」が稼げると言われている理由は?

ウルフが稼げると言われている理由は、この記事で何度も出てきている「ナンピン」にあります。

FXの自動売買ツールの中には、守りのトレードを中心に行っているものもあります。

つまり、

「損も少ないけど、利益も少ない」

というツールです。

 

しかし、ウルフというツールは、ナンピンを用いた超攻撃型のツールとなりますので、相場が反転した時にガンガンポジションを取っていきます。

そして、ロジックに基づいてガンガン決済をしていきますので、利益を積み上げていくことができるのです。

 

FX自動売買ツール「ウルフ」を使う時の注意点は?

ただ、そんなウルフにも利用上の注意点があります。

それは、

・損切がない

という事です。

裁量トレードを行う場合は、損切が命となりますし、損切ができないトレーダーは勝てません。

そのため、損切がないと聞くと、

「本当に勝てるの?」

と思ってしまいますよね。

 

確かに、ウルフは何度もエントリーを繰り返しますし、ナンピン型のツールとなりますので、含み損を抱えることはよくあります。

しかし、含み損の時点では完全なる損失ではありません。

その後相場が反転すれば、含み損が含み益になる事もあるのです。

 

また、どうしても損切をしたいという場合は、自分の判断で操作を行うこともでき、この操作方法については先ほど解説したコミュニティで確認することができますので、安心して使うことができます。

 

まとめ

ウルフという自動売買ツールは、ナンピンを採用した攻撃型のツールです。

また、長い運用実績と大規模なコミュニティがあることから、信頼性の面でも安心できるのです。

そのため、FXの知識がない初心者やトレードのコツがいまいちよくわからない人などは、是非一度「ウルフ」を使ってみることをおすすめします。

 

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←