FX基礎知識

投資とは一体何?代表的な投資対象とメリット、デメリットを解説

「億り人」「FIRE」など、資産運用への注目が高まっている現代において、

「自分も投資をしてみたい」

と思っている人はたくさんいるでしょう。

しかし、投資についての知識がなく、何から始めていいかわからない人も多いですよね。

そこでこの記事では、投資とは一体何なのか、代表的な投資対象とはどれなのかということについて、詳しく解説していきます。

 

投資とは一体何?

投資というのは、その後の利益を見込んで資金を投じることを指します。

例えば、

「この企業の株が将来高騰しそうだな」

と株を買ったり、

「この不動産を買えば家賃収入が得られるな」

と考えて不動産を購入したりすることを総じて「投資」と呼ぶのです。

 

投資というのは、基本的に元本が保証されません。

つまり、投資をしたことによって得をするかもしれないし、損をするかもしれないということなのです。

日本人というのは、昔から投資よりも貯金を好んできました。

一昔前は銀行の利息がかなり高かったため、銀行にお金を預けているだけでも投資効果があったのです。

しかし、現在における金利は雀の涙ほどしかありませんので、ただ銀行にお金を預けているだけでは投資をしていることにはならないのです。

 

投資で収益が上がるのはなぜ?

投資で利益を得る方法には、大きく分けると2つの種類があります。

それは、

・インカムゲイン
・キャピタルゲイン

の2つです。

では、それぞれの利益構造について、詳しく見ていきましょう。

 

インカムゲイン

インカムゲインというのは、投資対象を持っていることで得られる収益のことを指します。

例えば、

・配当
・家賃収入
・利子

などです。

インカムゲインというのは、その資産を持ってさえいれば手にすることができるため、自分が汗水たらして働いたり、チャートとにらめっこしたりして売買を繰り返す必要がないのです。

 

キャピタルゲイン

キャピタルゲインというのは、資産を売買することによって得られる収益のことを指します。

例えば、

・株の売買
・FXトレード
・不動産売買
・仮想通貨トレード

などです。

キャピタルゲインを得るためには、売る時の価格が買った時の価格よりも上がっていなければならないため、タイミングを掴むことが中々難しいです。

その代わり、インカムゲインと比べると大きな利益に期待することができるのです。

 

投資のメリット、デメリットって一体何?

次に、投資を行うメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

メリット

投資を行うことで、お金を使ってお金を稼ぐことが可能になります。

多くの人は、

・お金=働いて稼ぐ

と思いがちですが、様々な対象に投資をすることで、自分が働いていなくてもお金を稼ぎ出すことが可能になるのです。

また、時給や日給、月給で働く場合は1日で稼げる金額がある程度決まってしまいます。

しかし、投資の場合は投じた資金や、売買した時の価格差によって利益が決まるため、稼げる金額が青天井になるのです。

 

デメリット

投資を行う最大のデメリットは、資金を失う可能性があるということです。

先ほども解説したように、投資は元本保証ではありませんので、場合によっては資金を大きく失ってしまう場合や、マイナスになってしまう場合があります。

こう聞くと、

「じゃあ自分は貯金でいいや」

と考える人がいるのですが、貯金だけをするというのは、投資をすることよりもリスクが大きくなる場合があります。

なぜなら、貯金をしていても資金は一向に増えていきませんが、物価はどんどん上昇しているからです。

 

そのため、今口座に100万円あったとしても、数年後はその100万円の価値が目減りしている可能性があるのです。

このようなことから、多少のリスクを背負ってでも投資を行い、資産を構築してインフレに対抗していかなければならないのです。

 

代表的な投資対象ってどれ?

では次に、代表的な投資対象について詳しく解説していきます。

最初に伝えておくと、投資対象というのはこの世に五万とありますので、これから紹介する投資対象は、あくまでも「代表的な」投資対象だと考えておいてください。

 

投資信託

まずは投資信託です。

投資信託というのは、自分のお金をプロの投資家に預けて運用してもらうタイプの投資方法です。

この投資方法を実践すれば、自分でチャートを見ながら売買する必要もありませんし、自分で売買するタイミングを決定する必要もありません。

また、投資信託は最低100円から始めることができるため、投資の練習をしたい人やリスクを抑えて投資をしたい人にもおすすめできます。

このようなことから、投資信託というのは初心者から絶大な人気を集めているのです。

 

続いては、株式投資です。

株式投資というのは、企業が発行する株式に投資を行い、

・配当
・売買益
・優待

などによって利益を得る投資方法です。

株価というのは日々変動しますので、時代の流れや景気の動向などを観察して、今後伸びてくる株に投資をすることができれば、大きな利益を得ることが可能になります。

場合によっては、配当を得ながら株主優待を得るということも可能ですので、利益の二重取り、三重取りが可能となるのです。

 

FX

FXというのは、2か国間の通貨を売買して、その差額で儲ける投資方法です。

スワップポイントという金利で儲ける方法もあるのですが、初心者には難易度が高いため、今すぐに覚える必要はありません。

FXというのは、レバレッジを活用しながらトレードすることができ、平日であれば24時間トレードを行うことが可能です。

また、価格が大きく動くこともあるため、短期間で大きな利益を手に入れることもできるのです。

FXは投機的な側面を持っていますが、決してギャンブルではありませんので、素人が適当にトレードをすると資金を大幅に失ったり、マイナスになってしまったりすrこともあるため注意しましょう。

 

不動産

不動産投資というのは、ビルやマンション、一軒家やアパートなどを所有して、家賃収入を得たり、売買益を得たりする投資方法です。

不動産というのは、価格が一気に0になることは考えにくく、底堅い資産として人気を集めています。

ただし、不動産を購入するときにはまとまった資金が必要になるため、基本的には頭金を用意したうえで、ローンによって購入する形になるでしょう。

 

仮想通貨

最後は、「億り人」というワードで有名になりつつある仮想通貨です。

仮想通貨というのは、円やドルのように正式に認められていない通貨のことを指し、保有している人同士で価値を担保しています。

また、非常に値動きが激しく持っているだけで億単位のお金を得られることもありますが、その反対に持っているだけなのに大きな損失が生まれてしまうこともあるのです。

 

初心者でも比較的安全に行える投資とは?

このように、投資には様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

また、全ての投資対象にリスクがあるため、どれに投資しようか迷ってしまう人も多いでしょう。

更に、何に投資をするとしても、ある程度の知識とスキルがないと大やけどしてしまう可能性がありますので、自分で投資を行っていきたいと思っている場合は、基本的な知識とスキルを身に着けるところから始めてみてください。

「手っ取り早く投資を開始したい」

「できるだけリスクを抑えて投資をしていきたい」

そう思っているのであれば、FXの自動売買がおすすめです。

 

自動売買を活用することで、自分で売買をする必要がなくなりますし、一気に資金が0になってしまうこともほとんどありません。

また、当然投資資金は必要になりますが、自動売買ソフトの利用料や登録料などがかからないものもありますので、投資を始めたい初心者には最適といえるでしょう。

 

まとめ

投資というのは、将来の利益を見込んで資金を投じることを指します。

投資は元本が保証されていないため、大きな利益が出るかもしれないし、大きく損失を出してしまう可能性もあるのです。

これから投資をする人は、このようなリスクと投資対象についてしっかりと頭に入れておくことをおすすめします。

とはいえ、

「できるだけリスクを抑えたい」

「知識がない素人でもできる投資を行いたい」

と思っている人もいますよね。

そのような人は、是非一度FXの自動売買を試してみてください。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←