FX基礎知識

FXのイフダン、オーシーオー注文って何?メリット、デメリットは?

FXには、様々な注文方法があります。

中には、比較的シンプルで初心者でも理解しやすい注文方法も存在します。

しかし、初心者の中には、

・イフダン注文
・オーシーオー注文

で躓いてしまう人もいるのです。

そこでこの記事では、イフダン注文とオーシーオー注文の特徴と、メリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

 

イフダン注文って一体何?

イフダン注文というのは、

「If Done」

という単語から来ています。

これを和訳すると、

「もし~したら」

という意味になります。

 

具体的には、

「もし1ドル100円になったら買って」
「その後価格が101円になったら売って」

という注文を同時に入れることができるのです。

 

イフダン注文のメリット、デメリットは?

では、そんなイフダン注文には、一体どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

メリット

イフダン注文を活用すれば、エントリーと決済を同時に発注することができます。

逆に、イフダンを使わずに、エントリーのみをしていた場合は、チャートの動きを見ながら決済のタイミングを見計らわなければなりません。

ただ、場合によっては、画面を見ていないときに大幅な損失を出してしまっていたり、含み益が出ていたのに、相場の急落により含み損になってしまったりする可能性が高くなります。

しかし、イフダン注文をする事で、このようなリスクを軽減しながらトレードをすることができるのです。

 

また、イフダン注文というのは、あらかじめエントリー時の価格と決済時の価格を決めておきます。

そのため、感情に左右されず、淡々とトレードをしていくことができるのです。

 

デメリット

イフダン注文を活用してトレードをする場合、1種類しか発注をすることができません。

例えば、

・利確設定をする→損切ができない
・損切設定をする→利確ができない

という形になります。

しかし、場合によっては2種類の発注をかけたい時もありますよね。

そんな時は、イフダン注文ではなく、オーシーオー注文を活用してみることがおすすめです。

 

オーシーオー注文って一体何?

オーシーオー注文というのは、指値と逆指値の注文を同時に行えるという特徴があります。

そして、片方の注文が成立したら、もう片方の注文がなかったことになるのです。

つまり、イフダン注文でできなかった、

・利確注文
・損切注文

を同時に出せるという事です。

 

オーシーオー注文のメリット、デメリットは?

では、そんなオーシーオー注文のメリット、デメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

メリット

オーシーオー注文には、リスクを抑えられるというメリットがあります。

なぜなら、指値と逆指値を同時に注文することができるからです。

そのため、利益を狙いつつ損失を防ぐトレードをしていくことが可能になるのです。

また、オーシーオー注文を出すことで、チャートにへばりついている必要がなくなります。

なぜなら、エントリーをするポイントと損切ポイント、利確ポイントをあらかじめ設定できるからです。

このようなことから、時間と労力を削減しながら、効率的にトレードをしていけるのです。

 

FXでは、利益確定や損切に感情が入ってしまいやすいです。

しかし、感情に任せたトレードというのは、負けを誘発します。

そんな時にオーシーオーを使えば、感情を一切挟まない機械的なトレードができるようになります。

そのため、特に初心者のうちはこのオーシーオー注文を有効活用しながらトレードを繰り返していくことをおすすめします。

 

デメリット

ただし、そんなオーシーにもデメリットがあります。

それは、1つの方向にしか注文が出せないという事です。

つまり、売りor買いのどちらかしか、指値注文及び逆指値注文ができないため、慎重にトレードをすることが大切です。

 

イフダンとオーシーオーのいいとこどり!IFO注文とは?

イフダンとオーシーオーは、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ただ、できればイフダンとオーシーオーのいい所どりをしたいですよね?

そんな時は、IFO注文を活用してみることがおすすめです。

これは、イフダン注文をオーシーオー注文で発注するという方法です。

この方法を利用すれば、それぞれの良い所どりをすることができますので、より快適にトレードをしていくことができます。

ただ、IFO注文というのは業者によって呼び方が異なり、

・IFDOCO注文

と呼ぶケースなどもありますので、注意が必要です。

 

まとめ

イフダン注文とオーシーオー注文について理解を深めることができれば、リスクを抑えながら機械的に利益を追っていくことができます。

一見複雑な注文方法に見えますが、掘り下げてみていくと、意外とシンプルな仕組みになっていることに気付けるでしょう。

 

また、これらの注文方法を活用すれば、チャートに張り付く必要がなくなりますので、時間と労力を削減し、効率的に利益を上げることも可能になるのです。

更に、イフダンとオーシーオーのいい所どりを下、IFO注文というのも存在していますので、気になる人は一度試してみることをおすすめします。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←