FX基礎知識

FXの三尊&逆三尊って一体何?チャートの形と注意点を解説!

FXにおいて、チャートが三尊、もしくは逆三尊と呼ばれる状態になる事があります。

少しかっこいい名前ですが、

「意味が全く分からない」

と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、三尊及び逆三尊のチャートパターンと注意点について詳しく解説していきます。

 

三尊って一体何?

では早速、三尊及び逆三尊の意味について詳しく見ていきましょう。

 

三尊

三尊というのは、上昇トレンドが終了するタイミングで発生することが多いです。

三尊は、3つの山が形成され、真ん中の山が一番高い状態のことを指します。

これが、3体の仏像のように見えることから、

「三尊」

と呼ばれるようになったのです。

また、海外の人からすると、この形が人の肩と頭に見えるらしく、

「ヘッドアンドショルダートップ」

と呼ばれることもあります。

 

逆三尊

三尊についてある程度理解できた人は、すぐにピンとくるでしょう。

逆三尊というのは、三尊の形を丸ごとひっくり返した形となり、3つの山ではなく、3つの谷が発生している状態のことを指します。

これは、下降トレンドが終了するときに発生することが多く、最後の谷を起点にして上昇トレンドが発生する可能性が高いと言えます。

また、この形のチャートは、

「ヘッドアンドショルダーボトム」

と言われることもありますので、覚えておきましょう。

 

三尊、逆三尊の後に大きく価格が動く理由

今紹介したように、三尊や逆三尊が起こると、その後トレンドが転換し、大きく相場が動く可能性が高いです。

これには、3つ目の山が大きく関係しているのです。

例えば、三尊が発生した場合、1つ目の山で綺麗な上昇トレンドになる事が多く、ほとんどの投資家は、

「上昇トレンドが継続するな」

と判断しますので、続々とエントリーをしてきます。

そして、一番高い山、つまり2番目の山まで来ると、

「そろそろかな?」

と利確をするトレーダーが増えるため、価格が落ちてくるのです。

ただ、一生価格が落ち続けるということはありませんし、この局面だと上昇トレンドが継続していると判断するトレーダーも多いため、再度買いでエントリーする投資家が増えてきます。

そうすることで、3つ目の山が形成されます。

3つ目の山が形成された場合、1つ目の山付近を目安に決済をするトレーダーが多くなり、徐々に相場が下落していきます。

この中には、利益確定ができなかったトレーダーも存在し、そのトレーダーが急いで損切をしていきますので、大きく価格が落ち込んで、下落トレンドが発生するのです。

これは逆三尊も同じ原理ですので、覚えておくと良いでしょう。

 

三尊の基本知識とは?

次に、三尊を実際のトレードで活用していくにあたっての基本知識について、詳しく解説していきます。

 

基本となるチャートの形

三尊を狙ってトレードをする場合は、高値圏での3つの山に注目することが大切です。

先ほども解説したように、三尊及び逆三尊というのは、反発を示唆しているのではなく、トレンドの転換を示唆しています。

そのため、高値圏で3つの山が形成された時は、大きな下落トレンドが発生する可能性が高いのです。

 

だましについて

ただし、三尊にもダマシが存在します。

ダマシというのは、3つの山が形成されたのにもかかわらず、再度上昇していく形のことを指します。

このような状態を防ぐために、複数の分析方法を併用することが大切ですが、どれだけ慎重に分析をしても、逆方向に動いてしまう事があります。

そのため、三尊の高値より少し上の部分にストップロスを置いて慎重にトレードしていくことをおすすめします。

 

逆三尊の基本知識とは?

次に、逆三尊の基本知識について、詳しく見ていきましょう。

 

基本となるチャートの形

逆三尊が発生した場合、その後上昇トレンドが発生する可能性が高いと言えます。

また、逆三尊が発生すると、相場が大きく下落してから上昇トレンドに転換する形になりますので、比較的初心者でもエントリーポイントを見極めやすくなります。

とはいえ、ダブルトップに比べると出現する可能性が低いと言えますので、注意が必要です。

 

だましについて

逆三尊というのは、大きな下落から上昇トレンドに転じていきますので、不安材料を減らした上でエントリーをしていくことができます。

しかし、逆三尊が発生したからと言って必ず上昇トレンドになるとは限りません。

よくあるのは、逆三尊が発生した直後に、レンジ相場に突入するケースです。

こうなってしまうと、大きな利益を狙えなくなってしまいます。

そのため、チャート上にネックラインを引いて置くことをおすすめします。

・ネックラインをブレイクする→上昇トレンドの可能性が高い
・ネックラインをブレイクしない→レンジの可能性が高い

と判断することができるのです。

 

まとめ

三尊と逆三尊について正しく理解し、トレードに活かすことができれば、早い段階でエントリーをして大きな利益を獲得できる可能性を高めることができます。

ただし、三尊や逆三尊にもダマシは存在しますので、安易な考えでエントリーをすると大やけどをする事があります。

また、三尊や逆三尊の解説サイトで使われているような綺麗なチャートが出現することは滅多にありませんので、いびつな形のチャートから三尊と逆三尊を見つけられるように、自分の目を鍛えていく必要もあるのです。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←