FX基礎知識

FXの超基本!押し目買い&戻り売りの活用方法とは?

FXを始めるのであれば、

・押し目買い
・戻り売り

について理解しておかなければなりません。

なぜなら、押し目買い、戻り売りがFXの基本中の基本になるからです。

そこでこの記事では、押し目買いや戻り売りとは一体何なのか、どうやって活用していけばいいのかということについて、詳しく解説していきます。

 

押し目買いと戻り売りとは?

では早速、押し目買いと戻り売りについて、詳しく見ていきましょう。

 

押し目買い

相場というのは、一直線に右肩上がり、右肩下がりになる事はありません。

例えば、上昇トレンドの時は、上がったり下がったりを繰り返しながら少しずつ価格が上がっていきます。

この上昇トレンド中に価格が下がることを、「押し目」と言います。

そして、この押し目の時に「買い」で入ることを、押し目買いと呼ぶのです。

 

戻り売り

先ほど解説した押し目買いの反対が、もどりうりのかたちとなります。

つまり、下降トレンドが発生している最中に、一時的に価格が上がることを「戻り」と呼び、このタイミングで「売り注文」を入れることを「戻り売り」と呼ぶのです。

 

押し目買い、戻り売りを判断するためのインジケーターは?

今紹介した押し目買い、戻り売りというのは、FXの基本となり、これができていないと安定した利益を手に入れることができなくなってしまいます。

ただし、押し目買いや戻り売りのタイミングを判断することは非常に難しいです。

ただ、これから紹介するインジケーターを活用すれば、比較的スムーズに戻り売りタイミング、押し目買いタイミングを掴むことができるでしょう。

 

移動平均線

まずは移動平均線です。

移動平均線を複数設定して、相場全体の動きや流れを読み解くことができるため、今発生しているトレンドと、「押し目」「戻り」のタイミングを推測することができます。

(※移動平均線の内部リンクを推奨します)

 

フィボナッチ

ただ、今紹介した移動平均線だけを参考にしていると、大やけどをする可能性が高くなります。

そこで大切になるのが、フィボナッチというインジケーターです。

具体的には、フィボナッチリトレースメントというインジケーターを使って、反発ポイントを探っていくのです。

(※フィボナッチリトレースメントの内部リンクを推奨します)

 

押し目買い、戻り売りのコツはある?

次に、押し目買いと戻り売りのコツについて、詳しく解説していきます。

 

グランビルの法則を使う

それぞれのタイミングを計るのに有効なのが、グランビルの法則です。

このグランビルの法則を使うことで、「第3波」と言われているポイントを探ることができます。

この第3波の後は、相場が伸びていきやすいと言われているため、エントリーポイントをはっきりとさせることができるのです。

 

どの時間足で分析をしているのかをはっきりさせる

戻り売りと押し目買いのタイミングを掴みたいのであれば、どの時間足で分析をしているのかをはっきりさせることが大切です。

FXでは、全ての時間足で同じトレンドになっているケースは少ないです。

そのため、先程のグランビルの法則を使う場合でも、

「何分足で第3波が来ているのか?」

という事をしっかりと確認して、どの辺りで戻りや押し目が止まるのかという事を考えながらエントリーしていくことが大切です。

 

トレンドをしっかり確認

押し目買いや戻り売りというのは、そもそもトレンドを理解していないと活用することができません。

なぜなら、トレンドを理解していないと、本当は上昇トレンドなのに下降トレンドだと思って戻り売りをした結果、大損してしまったという状態になってしまうからです。

 

そのため、押し目や戻りのタイミングを探ることも大切なのですが、正確にトレンドを読み解く力というのも大切になってきます。

 

別の方法と組み合わせる

FXにおいて、押し目買いと戻り売りの姿勢は非常に大切です。

ただ、残念ながら押し目買いと戻り売りだけを意識すれば勝てるわけではなく、時にはブレイクアウトなどの違う手法を交えていく必要があります。

そうすることで、様々な相場に対応することができるようになり、どのような局面でも利益を出しやすくなるのです。

 

エントリータイミングを意識する

押し目買いと戻り売りでは、エントリータイミングが命になります。

例えば、エントリータイミングが早すぎると、押し目や戻りが続き、含み損を抱えることになってしまいます。

また、タイミングが遅すぎると調整トレンドが終了してしまい、含み損になってしまうのです。

これに関しては、知識やスキルというよりも、経験が必要になりますので、エントリーをしていく過程で、どのタイミングがいいのかという事を見極めていく必要があります。

 

まとめ

押し目買いや戻り売りというのは、トレンドに調整が入っている時を狙ってエントリーをするという手法で、これはFXにおいて基本中の基本となります。

そのため、FXを始めて間もない人や、押し目や戻りの概念を知らなかった人は、是非今回紹介したことを参考にしながらエントリーしてみることをおすすめします。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←