副業

副業で不労所得を作る方法ってある?どんな副業を選べばいいの?

サラリーマンとして働いている人の中には、

「不労所得を得られたらどれだけ楽だろう」

と考えている人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、不労所得と聞くと、どこか夢物語のような気がしてしまい、現実味がありませんよね。

そこでこの記事では、副業で不労所得を作ることはできるのか、どんな副業を選べば不労所得を構築しやすいのかということについて、詳しく解説していきます。

 

【結論】副業で不労所得を作ることは可能

結論から言ってしまうと、副業で不労所得を作ることは十分可能です。

現に、副業で会社員の給料以上の不労所得を得ている人はたくさんいるのです。

ただし、副業で不労所得を得るためには、不労所得を作りやすい副業を選ぶ必要がありますし、不労所得を作るためにコツコツ努力していくことが大切です。

一日にして不労所得を作るというのは、ほぼ不可能であり、このような甘い考えを持ってしまっている人は、ほとんどの確率で挫折していきます。

 

不労所得を得るためにはどんな副業を選べばいい?

では、不労所得を得るためには、一体どのような副業を選べばいいのでしょうか。

副業の選定基準について、詳しく解説していきます。

 

資産性のある副業

まずは資産性のある副業です。

不労所得を得るためには、労働型ではなく資産型の副業をチョイスする必要があり、ここで労働型の副業を選んでしまうと、一生かかっても不労所得を得ることができません。

資産性のある副業というのは、自分が稼働していない時でも収益を生み出してくれる可能性がある副業のことを指します。

具体的な副業については後程解説しますが、資産性のある副業を選ぶことで、仕組みを作り上げるまではかなり大変ですが、一度売れる仕組みを構築してしまえば、自分が何をしていても収益を生み出すことが可能になるのです。

 

逆に労働型の副業を選んでしまうと、自分が体を動かしていないと収益が生まれなくなってしまうため、「不労」にはなりません。

また、労働型の副業は若いうちならいいかもしれませんが、年齢を重ねるごとに体力が衰えていきますから、どんどん稼げる金額が減っていってしまうのです。

 

将来性のある副業

次は、将来性のある副業です。

不労所得を構築するためには、これから伸びるであろう副業をチョイスする必要があります。

なぜなら、需要がなくなってしまうと、どれだけ立派な仕組みが出来上がっていたとしても、収益が上がらなくなってしまうからです。

将来性の高い副業を見つけるというのは決して簡単なことではありませんが、様々な情報を比較しながら、自分なりに成長性のある副業を探してみましょう。

 

外注しやすい副業

不労所得を作るためには、外注しやすい副業を探すことも大切です。

外注しやすい副業を探すことができれば、それぞれの作業を外部に委託することができるため、自分が行うべき作業を減らすことができるのです。

そうすることで、自分はそのビジネスのオーナー的立ち位置になることができ、自分が作業をしていない時にも収益が生まれるようになるのです。

ただし、外注をするということは諸経費がかかるということですので、それなりの利益が出ていないと赤字になってしまいます。

 

不労所得を作りやすい副業ってどれ?

では、不動産所得を作りやすい副業とは一体どれなのでしょうか。

 

不動産投資

まずは不動産投資です。

不動産投資というのは、

・ビル
・マンション
・アパート
・一軒家

などを所有し、それを貸し出したり、売買したりして利益を得ていく投資のことです。

ほとんどの人は、物件を購入した後、誰かに貸し出すことで家賃収入を得ています。

家賃収入というのは、自分が何もしていなくても毎月入ってくるものですので、完全なる不労所得にすることができるのです。

こう聞くと、

「不動産投資をするための資金がないよ」

と思う人もいるでしょう。

 

確かに、不動産を購入するためには数百万円から数千万円、あるいはそれ以上の金額が必要になってきます。

そのため、ローンを組んで購入するのが一般的です。

ローンを組むことに恐怖感を覚える人もいると思いますが、物件選びを間違えず、質の高い物件を選ぶことができれば、入居してくれた人の家賃収入でローンの支払いを行っていくことができますので、賢く不労所得を得ることが可能になるのです。

 

アフィリエイト

続いては、アフィリエイトです。

アフィリエイトというのは、ブロブに広告を掲載し、訪れたユーザーがその広告から何らかのアクションをしてくれた時に報酬が発生するというビジネスモデルです。

売れるブログ、アクセスの集まるブログを構築することができれば、あとはサイトが勝手に稼働してくれますので、効率的に収益を得ることができるようになります。

ただ、アフィリエイトの場合は完全なる不労所得を作ることが難しいです。

というのも、利益が出たからと言ってサイトを放置してしまうと、少しずつ収益が下がってしまうからです。

もし完全なる不労所得を作りたいのであれば、サイトを運営してくれる人を複数人雇い、自分はサイトオーナー的立ち位置になる必要があります。

 

FXの自動売買

最後は、FXの自動売買です。

通常のFX、裁量トレードの場合は、自分で相場を分析して売買を繰り返さなければなりません。

つまり、不労所得にはならないということです。

自動売買を取り入れることで、自分が稼働していない時でも、自動で売買を繰り返してくれるため、不労所得を構築しやすくなるのです。

もちろん、自動売買だからと言って100%稼げるわけではありません。

少なからず「投資」ですので、損をするリスクもあるのです。

しかし、評判が高い自動売買や運用実績をしっかりと上げている自動売買をチョイスすることで、損をするリスクを最小限に抑えつつ、売買を繰り返していくことができます。

 

副業で不労所得を作るときの注意点

次に、副業で不労所得を作るときの注意点について、詳しく解説していきます。

 

最初から不労所得を得ることはほぼ不可能

中には、

「すぐに不労所得を作りたい」

と思っている人がいるかもしれませんが、基本的に最初から不労所得を作ることは不可能です。

今の時点で不労所得を構築できている人も、最初は自分でコツコツと作業をしていたはずですし、不労所得の仕組みが出来上がるまでにはかなりの時間を要したはずです。

そのため、不労所得を作りたいと思っているのであれば、少なくとも最初の数か月から数年は地道に努力していく必要があるといえます。

 

不労所得を謡う甘い誘惑に注意

SNSなどを利用していると、不労所得を得られるという旨の勧誘が来ることもあります。

ただ、不労所得を得られる仕組みを見ず知らずの人に教える、というのは非常に不自然な話です。

この世には、楽して不労所得を得られる仕組みや、楽して稼げる仕組みというのは存在しませんので、このような勧誘をされたとしても無視するようにしましょう。

 

まとめ

不労所得は、一般人でも構築することができます。

不労所得を得ることができれば、自分が働いていない時でも収益が上がりますので、経済的、時間的な自由を手に入れることができるでしょう。

しかし、不労所得を副業で得ることは決して簡単ではありませんので、今回紹介したことをしっかりと頭に入れて、コツコツと努力していくことが大切です。

「不労所得を作るためには、どんな副業を選ぶべきなんだろう」

と思っている人がいるのであれば、先ほど紹介したいくつかの副業の中から自分に合ったものを選んで挑戦してみることをおすすめします。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←