副業

副業は会社にバレる?バレないようにする裏技って存在しないの?

働き方改革が行われ、副業を許可する会社が増えてきました。

ただ、全ての会社が副業を許可しているわけではなく、場合によっては古い考えを捨てきれず、

「絶対に副業してはいけない!」

というルールを社員に押し付けている会社もあります。

 

そこで今回は、副業禁止の会社で副業をする場合の上手な立ち回り方法について詳しく解説していきます。

 

【結論】会社にバレない副業は存在しない

どのような副業に挑戦したとしても、様々な理由によって会社にばれてしまうことがありますので、副業禁止の会社で働きながら副業をする場合は、

・会社と交渉して許可を取る
・副業OKの会社に転職をする

というような対策を行ってから挑戦することをおすすめします。

 

副業が会社にバレる理由と対策方法

では次に、会社に副業がばれる代表的な理由と、その対策について詳しく解説していきます。

 

確定申告漏れ

副業で一定金額以上の所得を得ると、確定申告をする必要が出てきます。

中には、

「確定申告が面倒くさい」

「これくらいの収入なら確定申告をしなくても大丈夫だろう」

と思ってしまう人も多いです。

ただ、確定申告をしないということは「脱税」とみなされる可能性があり、こうなってしまうと会社に連絡がいってしまうことがあり、最終的にばれてしまう可能性が高くなるのです。

 

SNSやブログでバレる

副業をしていることをSNSやブログで発信してしまう人がいます。

確かに、副業である程度収益が出てきたり、副業で学びを得たりすると、誰かに発信したくなりますよね。

また、現代はSNSなどを使って集客をする方法が効果的ですので、副業について発信してしまう人もいます。

ただ、実名でSNSを運用している場合や、フォロワーの中に会社の同僚や先輩、後輩がいる場合は、発信を見た人が会社に密告してしまう可能性もあるのです。

 

住民税の金額

会社員の場合は、会社側が社員の住民税の支払いを代行してくれているため、あまりなじみがないかもしれませんが、この住民税の額で副業がばれてしまうこともあるのです。

住民税の額というのは、前年の所得によって変わってきます。

会社員の場合は、会社側に住民税の納付書が届く形になるのですが、会社側は当然支払っている給料の額から、ある程度の住民税を予測できるわけです。

ここで、住民税の額が極端に高くなっていると、

「支払っている給料と住民税の額が合わないぞ?」

となってしまい、副業が発覚してしまうこともあるのです。

 

仕事仲間からの密告

副業禁止の会社で副業を行い、ある程度成功することができると、周りに話したくなりますよね。

しかし、このような副業報告を「自慢話」ととらえてしまう人もいて、妬みや嫉みを買ってしまうこともあり、腹いせとして密告されてしまうこともあるのです。

 

副業初心者が勘違いしやすいこと

副業禁止の会社で働いている人の中には、間違った知識を持った状態で副業を始めてしまう人がいます。

では、一体どのような勘違いをしてしまう人が多いのでしょうか。

 

ネット系の副業ならばれにくい

このような考えを持ったまま副業を始めてしまう人がいるのですが、ネットだからばれにくいというのは勘違いであり、全くそんなことはありません。

むしろネット系の副業の場合、報酬は銀行振り込みになることが多いため、足がつきやすくなってしまい、ばれやすくなることがあるのです。

 

副業の収入は隠しても問題ない

副業である程度稼いでいる人の中には、

「そこまで高額の報酬じゃないし、隠しても大丈夫でしょ?」

と思っている人もいます。

しかし、副業の収入も立派な所得になりますので、隠していると税務署から目をつけられてしまい、「脱税」扱いにされてしまうことがあります。

そうなると、会社にばれるリスクが高まるだけではなく、稼いだ金額以上の税金を納めなければならなくなる可能性があるのです。

 

会社にバレずに副業を始めるなら?

では、会社にばれずに副業を始めるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

できるだけリスクを軽減し、安全に挑戦するための方法をいくつか紹介していきます。

 

顔出しなしで始められる副業を選ぶ

まずは顔出しなしで始められる副業を選ぶことが大切です。

代表的なのはネット系のビジネスです。

例えば、

・アフィリエイト
・データ入力
・ウェブ制作

このような副業であれば、顔出しをせずとも始めることができます。

また、パソコンとネット環境さえあればいつでも始めることができるため、かなり手軽に始めることが可能です。

顔出しをせずに始めることができれば、自ら個人情報を開示しない限り、誰がやっているのかを調べることができなくなりますので、リスクを下げることができるのです。

逆に、セミナー講師のように、顔出しをしなければならない副業に挑戦してしまうと、自分の顔をさらすことになりますし、会社関係の人とばったり会ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

本業に支障が出ないようにする

副業を始めた人の中には、副業の作業に全精力を注いでしまい、本業のパフォーマンスが下がってしまう人もいます。

例えば、

・集中力が途切れる
・ミスを連発する

などです。

このような状態が続くと、会社側も異変に気付くようになりますので、副業がばれてしまう可能性が高くなるのです。

また、本業に支障が出ると、減給などのペナルティが課せられることもありますので、本末転倒になってしまいます。

このようなことから、副業を会社にばらさないためにも、本業のパフォーマンスを下げないためにも、時間管理や体調管理を徹底して行うことが大切だと言えます。

 

本業に支障が出ない副業でおすすめはどれ?

では、本業に支障が出ない副業でおすすめはどれなのでしょうか。

副業にはたくさんの種類があり、中にはかなりの作業量が必要な副業や、作業できる時間が限定されている副業などもあります。

会社員がこのような副業に挑戦してしまうと、体力的な限界が来てしまい、本業に支障が出てしまうこともあるのです。

このような事を避けるためには、FXの自動売買に挑戦してみることがおすすめです。

FXの自動売買であれば、日中働いているときも自動で資産運用することができますし、自分で売買を行う必要がないため効率的に利益を上げやすくなるのです。

 

また、会社員として働いている人の中には、

「本業が忙しくて副業に充てている時間がない」

「休日は家族や自分の時間を満喫したい」

と思っている人もいるでしょう。

FXの自動売買であれば、平日会社に行っている間に売買を繰り返してくれますし、自分で行う作業や情報収集などはほとんどありません。

このようなことから、収入をコツコツと増やしつつ、自分の時間や家族との時間を大切にすることも可能になるのです。

 

まとめ

会社にばれない副業を探している人はたくさんいると思いますが、残念ながらそのような副業は存在しません。

ボランティアでやるのであれば、会社にばれずに行うこともできるのですが、報酬が発生する以上、会社にばれるリスクを0にすることはできないのです。

どうしても会社にばれたくないという人は、本業に支障が出ず、尚且つ顔出しをしない副業に挑戦すると良いでしょう。

FXの自動売買であれば、これらの条件をしっかりと満たしているため、日中忙しく働いている会社員も効率的に稼げますし、

「ばれないかな」

という不安な気持ちを持つことなく、堂々と挑戦することが可能になるのです。

★今なら月利55%を叩き出した自動売買システムを人数限定無料配布中

→無料で手に入れるにはコチラ←